マラソンはみなさんの健康・体力づくりにとても役立ちますが、一方高いリスクもあるスポーツです。 全国的な調査では、約6万人に1人の割合でマラソン大会における心肺停止例があることが報告されています。 こうした事態に対応すべく、大会側でも、万全の医療・救護体制を整えてまいりますが、ランナーのみなさま一人ひとりが事前に自身の健康状態を把握していただくことがきわめて重要となります。
みなさまが楽しく安全に完走するために、大会申込みを行う前に、下記の点を必ず各自ご確認ください。

----------------市民マラソン・ロードレース 申込時健康チェックリスト-----------

                              <(公財)日本陸上競技連盟医事委員会>
 市民マラソン・ロードレース申し込みにあたって、健康チェックが必要です。申込者各自で必ず確認して下さい。
(A)下記の項目(1~5)のうち、1つでも当てはまる項目があれば、レース参加の可否について、      かかりつけ医によく相談して下さい。かかりつけ医の指導の下、検査や治療を受けて下さい。
 1.心臓病(心筋梗塞、狭心症、心筋症、弁膜症、先天性心疾患、不整脈など)の診断を受けている、
   もしくは治療中である。
 2.突然、気を失ったこと(失神発作)がある。
 3.運動中に胸痛、ふらつきを感じたことがある。
 4.血縁者に「いわゆる心臓マヒ」で突然に亡くなった方がいる(突然死)。
 5.最近1年以上、健康診断を受けていない。
(B)下記の項目(6~9)は、心筋梗塞や狭心症になりやすい危険因子です。当てはまる項目があれば、     かかりつけ医に相談して下さい。
 6.血圧が高い(高血圧)
 7.血糖値が高い(糖尿病)
 8.LDLコレステロールや中性脂肪が高い(脂質異常症)
 9.たばこを吸っている(喫煙)
◎かかりつけ医とは、皆さんの健康や体調を管理してくれる身近なドクターです。
 かかりつけ医をきちんと決めて、各種の検査やレース参加について相談しましょう。