令和2年3月29日(日)に開催を予定していた「第39回佐倉朝日健康マラソン大会~小出義雄メモリアル~」は、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している現状を受け、開催を 中止 いたします。

世界で活躍する多くの陸上選手を育成し、佐倉市のスポーツ振興にも多大な貢献をされた小出義雄氏のメモリアル大会として、本日まで大会開催に向けて準備を進めてまいりましたが、全国46都道府県から約12,900名のランナーにご参加いただく本大会で、市民の皆さま、ランナー及びご協力いただいくボランティア等関係者の皆さまの安全確保が困難であると判断し、皆さまの安全・安心を最優先とするため、また、「健康マラソン」としての本大会の主旨も考慮し、苦渋の決断ではありますが、本大会の中止を決定いたしました。

大会を楽しみに準備されていたランナーの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。
後日、参加を予定されていたランナーの皆さまには大会中止の通知をお送りいたします。お手元に届きましたら、今一度ご確認をお願いいたします。

なお、大会開催要項に基づき、参加料の返金はいたしませんが、参加賞の送付等、今後の対応につきましては、現在検討中のため、決定次第、大会公式ホームページなどでお知らせいたします。

大会実行委員会会長 コメント

「本大会は、佐倉市のスポーツ振興に多大なご尽力をいただいた小出義雄監督のメモリアル大会でもあり、先日名称変更を行いました小出義雄記念陸上競技場をメイン会場に実施する大会でもありましたので、開催したいという思いは強くありました。
しかしながら、ランナーはもとより、大会運営に携わるスタッフ、佐倉市民の安全、安心を最優先し、大変、苦渋の決断ではありますが、中止を決定いたしました。小出監督もきっと分かっていただけるものと思っております。
次回大会は、第40回記念大会でもありますので、多くのランナーの皆さまのご参加と、大会関係者の皆さまのご支援とご協力をお願い申し上げます。」

佐倉朝日健康マラソン大会実行委員会会長(佐倉市長) 西田 三十五